2007年03月27日

自分棚卸しワークショップ終了!

昨日、3/26

心屋さん、かめおかさんと一緒に開催した、
「心と体をほぐす、自分棚卸しワークショップ」が盛況のうちに
終了しました。

ほっとしました。

ふたを開けてみると、
心屋さんが頭に届くような、方向性を示すワークをして、
私が心に届くように、感情表現と癒しのワークをして、
かめおかさんが、体で分かるようなワークをする。

うまくまとまりました。

心屋さんの、プロデューサーとしての才能が光っていたような
気がしました。かめおかさんは、我が道を行く人だし(笑)、
私はまだ持ちネタが多くない。
その中で、出来ることを持ち寄っていいものが出来るように、
(たぶん心屋さんはあまり考えてないと思いますが、勘で)
うまくまとめ上げたところは素晴らしかったな。

先週は沖縄、別のワークショップ(参加者として)、そして、
この自分棚卸しワークショップと、忙しかったです。

今日は、ちょっと疲れが出て、家でのんびりしていました。
posted by あづま at 18:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

一寸の虫にも五分の魂@ブログバトル感想

心屋仁之助さんの、ラストバトルでは、
「虫と戦うのはもうやめよう」という記事でした。

ほんとに、その通りですね。

自分の心を無視したときに、虫が出てくる。

それを読んでいて、ある言葉が降ってきました。


「一寸の虫にも五分の魂」


いままで他人の目や他人の気持ちばかり考えて、
自分の気持ちを「ちっぽけなもの」と考えてきたとしたら、

今すぐに、「自分の気持ちを一番に考える」と言われても、
急にはできないんじゃないかと思います。

だからせめて、

ちっぽけな虫扱いしてきた自分の気持ちにも、
五分の魂がある(大事にすべきなんだよ、という意味)

そう思うように意識してみてはいかがでしょうか。


自分の気持ちも大切にする。
ワークショップ当日には、それができるように、
心を元気にするワークをやります。


◆「心とからだをほぐす、自分棚卸し」ワークショップ♪◆
***********************************************
 日程/2007年3月26日(月)平日!
 時程/集合12時30分〜18時30分
 講師/心屋仁之助(心理療法家)
    http://www.kokoro-ya.jp/
    あづまやすし(恋愛専門セラピスト)
    http://www.556health.com/
    かめおかゆみこ
    http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/
 参加費/前納10000円、当日12000円
 会場/都内某所(高田馬場付近)
    ※お申込みいただいた方に連絡します♪
 定員/50名
 申し込み締切/2007年3月20日
    ※定員になり次第、〆切日前でも受付終了します。
 申し込み/ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98461136 ************************************************
 詳細を知りたいかたは、こちら



今までのバトルも面白い!泣ける!

1●仁之助「他人(ひと)の目虫」 http://s-url.jp/?2235
2●あづま「ホコリ虫」 http://s-url.jp/?2237
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!」 http://s-url.jp/?2236
4●仁之助「おこり虫」 http://s-url.jp/?2239
5●あづま「弱虫」 http://s-url.jp/?2241
6●かめおか「ムシをムシしない生きかた」 http://s-url.jp/?2260
7●仁之助「虫はなんて鳴いている」 http://s-url.jp/?2261
8●あづま「リクツ虫」 http://s-url.jp/?2266
9●かめおか「虫のいどころ」http://s-url.jp/?2272
10●仁之助「夜の虫が集まる場所」 http://s-url.jp/?2273
11●あづま「アリジゴク」 http://s-url.jp/?2276
12●かめおか「虫の部分」 http://s-url.jp/?2283
13●仁之助「男たちのズルヤスミ」 http://s-url.jp/?2289
14●あづま「つぐないアリ」 http://s-url.jp/?2305
15●かめおか「針のムシろのお話」 http://s-url.jp/?2309
16●仁之助「鳴かない虫は苦しむ」 http://s-url.jp/?2314
17●あづま「さなぎの力」 http://s-url.jp/?2325
18●かめおか「虫の知らせ」 http://s-url.jp/?2333 
19●仁之助「自己虫」 http://s-url.jp/?2344
20●あづま「ムシの奴隷解放宣言」 http://s-url.jp/?2350
21●かめおか「おじゃまむしの思い出」 http://s-url.jp/?2364
22●仁之助「虫の正体 ラストバトル〜虫と戦うのはもうやめよう〜」
   http://s-url.jp/?2365
23●あづま「一寸の虫にも五分の魂」


次は、堂々と出しゃばるのが快感になってしまった
この方の感想です。
posted by あづま at 22:12| Comment(1) | TrackBack(2) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ムシの奴隷解放宣言@第20バトル

昨日は」ワークショップの懇親会の下見をしてきました。
前走者のこの方の予想に反し、
ワークショップの内容の真面目な話もしてきました。

心屋さんのバトン自己虫では、自分を大切にすることが
出来ない人が多いんじゃないの?という記事でした。

私も、恋愛相談を受けていると、そう思うことが多いです。
ちゃんと、自分の機嫌は自分で取ってくださいね。

心の健康を害するおそれがありますので、
他人の機嫌の取りすぎに注意しましょう。



自己虫の人の特徴として、自分にこんな質問をしています。

「私は、どうしたら楽しくなるか?」
「私は、どうしたら幸せになるか?」
「私は、どうしたらワクワクするか?」

もう少しまとめると、要するに、
「私がいい気分になるために」
「私はなにをするか?」
ということです。

×こういうのとは違います。
「私がいい気分になるために」
「他人に何を期待するか?」

×こういうのとも違います。
「他人から嫉妬されたり、足を引っ張られないために」
「私は何をしなければいけないか?」


リンカーンの演説の有名な言葉をもじって言えば、

私の、私による、私のための人生

ということです。

あなたが、あなた自身の幸せの責任者になるということです。


リンカーンに倣って、
あなた自身に奴隷解放宣言してみませんか?

どんな勢力から自由になる必要があるかというと、
もちろん、昨日の記事にあったとおり、「他人(ひと)の目虫。」
これは、心の中にあるんでしたね。

もうひとつの勢力は、「アリジゴク。」
これは、実際に身の回りにそういう人がいることがあります。

その場合、イメージの中で、そのアリジゴクさんの背中に
ロケットをしょわせて、こう唱えます。

  あなたはあなたの力で幸せになって下さい。

  私は、わたしの力で幸せになります。

  (言えたら)いままでありがとうございました。

  5,4,3,2,1・・・

ロケットを打ち上げて、見えなくなるまで見送ります。

  さようなら。


私の、私による、私のための人生に踏み出し、
幸せになろうとするとき、

これまでの腐れ縁を切る必要があります。

幸せ度が違いすぎる人間同士が一緒にいると不快だからです。

だから・・・

たとえ親であっても縁を切りなさい

・・・とはさすがに言えないので(汗)
距離を取ってください。

アリジゴクのような人との距離をしっかりとって、

あなた自身の奴隷解放宣言してみませんか?

また、自分が幸せな人生に向けて、新たな友人知人を作り、
これまでの幸せ度が低い友人たちと距離を取ることには、
心のエネルギーがいります。

そのエネルギーが湧いてくるワークが、
さなぎの力」に紹介してあります(ワークショップでやります)。

◆「心とからだをほぐす、自分棚卸し」ワークショップ♪◆
***********************************************
 日程/2007年3月26日(月)平日!
 時程/集合12時30分〜18時30分
 講師/心屋仁之助(心理療法家)
    http://www.kokoro-ya.jp/
    あづまやすし(恋愛専門セラピスト)
    http://www.556health.com/
    かめおかゆみこ
    http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/
 参加費/前納10000円、当日12000円
 会場/都内某所(高田馬場付近)
    ※お申込みいただいた方に連絡します♪
 定員/50名
 申し込み締切/2007年3月20日
    ※定員になり次第、〆切日前でも受付終了します。
 申し込み/ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98461136 ************************************************
 詳細を知りたいかたは、こちら


これまでのバトルも大好評!笑えて泣けます!

1●仁之助「他人(ひと)の目虫」 http://s-url.jp/?2235
2●あづま「ホコリ虫」 http://s-url.jp/?2237
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!」 http://s-url.jp/?2236
4●仁之助「おこり虫」 http://s-url.jp/?2239
5●あづま「泣き虫」 http://s-url.jp/?2241
6●かめおか「ムシをムシしない生きかた」 http://s-url.jp/?2260
7●仁之助「虫はなんて鳴いている」 http://s-url.jp/?2261
8●あづま「リクツ虫」 http://s-url.jp/?2266
9●かめおか「虫のいどころ」http://s-url.jp/?2272
10●仁之助「夜の虫が集まる場所」 http://s-url.jp/?2273
11●あづま「アリジゴク」 http://s-url.jp/?2276
12●かめおか「虫の部分」 http://s-url.jp/?2283
13●仁之助「男たちのズルヤスミ」 http://s-url.jp/?2289
14●あづま「つぐないアリ」 http://s-url.jp/?2305
15●かめおか「針のムシろ」 http://s-url.jp/?2309
16●仁之助「鳴かない虫は苦しむ」http://s-url.jp/?2323
17●あづま「さなぎの力」 http://s-url.jp/?2325
18●かめおか「虫の知らせ」http://s-url.jp/?2347
19●仁之助「自己虫」http://s-url.jp/?2348


昨日は、ひとりで日本酒をがばがば飲んでいた、
この方にバトンを回しま〜す。二日酔ないの〜?
posted by あづま at 12:17| Comment(0) | TrackBack(9) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

さなぎの力@第17バトル

心屋さんから、

>次の この人は、きっと
>「うちの奥さんとはテレパシーでつながってるから
>とか言うんだろーなー きっと。けっ(爆)

こんなこと言われてしまったあづまです。
はい、つながってます(爆)

新婚なんだからさ〜
いまからつながりが切れてたら希望が無いじゃないの。
まったくもう。

でも結構「あれ」だけで通じることがあって
びっくりするんですけどね。

長年連れ添った夫婦なら、
そんなの当たり前かもしれないけど。
新鮮なのさ。


さて。


今日の記事は「さなぎの力

ちょうちょは、自由に飛び回っていて、楽しそうですね。
花から花へと、蜜をもとめて飛ぶ、ちょうちょ。

幼虫は大抵イモムシか毛虫です。

そして、飛べるようになる前には、さなぎの時期があります。


私は人間の心にも、さなぎの時期があっていいと思うのです。


アゲハチョウは、カラタチや山椒のような、
なんだか辛そうな、他のムシが寄りつかない葉を食べて育ちます。
幼虫は鳥の糞みたいな、汚らしい感じです。

まだ飛ぶ力のない幼虫は、
目立たないように、目立たないように、
他のムシとえさを取り合わなくていいように、
そんな生き方をしているのです。


ちょうちょになって、自由に羽ばたく前に、
さなぎという、大事な時期があります。

さなぎは、殻に守られて、動かないように見えるけれど、
中では、着実に変化が進行しています。
いや、着実なんてものじゃないでしょう。
骨格が変わるほどの変化、もし人間なら激痛ものかもしれません。


人の心も、変化するときに、痛みを伴います。


人の言うことを聞いて、おとなしくして。
そうすれば守られるし、

他人の基準ではあるけれど、
真似て、吸収して成長できる。

そんな子供の心


子供の心を捨てて、自立した大人の心に変化するには、
痛みが伴います。


大人は、自分の心の求めにしたがって生きればいい。

生活や人間関係も含めて、自分を守るのは、自分の責任。

他人を頼ってもいいけれど、頼れる友人を作っておくのは
自分の責任。

自由と責任は、常に一緒についてくる。

そんな、大人の心。


ちゃんと、この社会で飛ぶ力をつけたあなたは、
あなたらしく、飛ぶことができます。
あなたらしく、思い通りに生きることができます。



でも、子供の心から、大人の心に変わるとき、
痛みが伴うのです。



ちょうちょを見習って、さなぎになってみませんか?
というか、繭かな。
その繭の中で、心の力がついて、勇気と元気が出て。
そして、大人の心に変化していくのです。


あなたが、辛かったとき、支えてくれた人。
あなたが、安心したいとき、かぶる毛布。
抱きしめていると、優しい気持ちになるぬいぐるみ。
あなたが、いつも思い出す、可愛いペット。

その、あなたの大切な物や人はもしかすると、
今は遠いところにいってしまったかもしれません。

今日は、あなたの心が優しく温かくなる、
「あなたの大切な物や人」を思い出してみて下さい。


  あなたの体が、光の繭で包まれていきます。
  あなたの大切な物や人が、あなたを見守ってくれています。

  すると、その光の繭は、
  あたたかな、優しい色に変わっていきます。

  その光の繭に包まれて、あなたは、安心した気持ちに
  なっていきます。

  すると、あなたの心も、
  自分らしくありたい、という、力強い感覚を
  覚え始めるかもしれません。

  そうです。
  あなたは、あなたらしく飛び立ってよいのです。

  あなたは、あなたを見守ってくれている、
  あなたの大切な物や人を感じながら、

  自分らしい感覚に戻ってゆきます。


  目を閉じたまま、この安心した、
  元気と勇気が湧いてくる感覚を十分に感じて下さい。

  そして、十分だと思ったら、ゆっくり目を開けて下さい。


音声も付けました。聴いてみてください。



◆「心とからだをほぐす、自分棚卸し」ワークショップ♪◆
***********************************************
 日程/2007年3月26日(月)平日!
 時程/集合12時30分〜18時30分
 講師/心屋仁之助(心理療法家)
    http://www.kokoro-ya.jp/
    あづまやすし(恋愛専門セラピスト)
    http://www.556health.com/
    かめおかゆみこ
    http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/
 参加費/前納10000円、当日12000円
 会場/都内某所(高田馬場付近)
    ※お申込みいただいた方に連絡します♪
 定員/50名
 申し込み締切/2007年3月20日
    ※定員になり次第、〆切日前でも受付終了します。
 申し込み/ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98461136 ************************************************
http://www.kokoro-ya.jp/article/13163820.html


しかし、一番美しい繭を作るのは蚕ですよね。
絹糸でできた、美しい繭。

でもそこから飛び立つのは、
けっこうぶっさいくな蛾なんですよね(だからどうした)。

せっかくいい記事書いたのに、落としてどうする(爆)

次は、かめおかゆみこさんです。よろしくね。
この方は、ちょうちょなんでしょうか、蛾なんでしょうか。

今までの記事も、面白くて泣けます!
10●仁之助「夜の虫」http://s-url.jp/?2275
11●あづま「アリジゴク」http://s-url.jp/?2276
12●かめおか「虫の部分」http://s-url.jp/?2290
13●仁之助「男たちのズルヤスミ」http://s-url.jp/?2291
14●あづま「つぐないアリ」http://s-url.jp/?2305
15●かめおか「針のムシろ」 http://s-url.jp/?2309
16●仁之助「鳴かない虫は苦しむ」http://s-url.jp/?2323
posted by あづま at 11:58| Comment(0) | TrackBack(3) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

つぐないアリ@第14バトル

あづまです。今日も恋愛や結婚生活で陥りがちなパターン
について書きます。今日は、つぐないアリ@第14バトルです。


働きアリと言えば、働き者を例える言葉ですね。
つぐないアリは、働きアリに似ているのですが、

なんだか、働かないことに罪の意識があるんです。
どういうわけか、身を粉にして尽くしてしまうのです。


身の回りにいませんか?
なんだか自分のことを本当に後回しにして、
尽くしてボロボロになったり、ひたすら尽くしたり。

「もっと楽に生きなよ」

そう言ってあげたくなるような人。

まるで、前世というものがあるのなら、そこで犯してきた
罪を償うかのような、苦行、苦労、不幸の人生。


私は、いいから。
あなたは、幸せになって。


いやいや、そう言われても、素直に喜べないでしょ。


さて。
なんで、そうなっちゃうの?


一番可能性が高いのは、両親のうちどちらかが同じように
自分は不幸でいいから、と可哀想な自分に酔っていて、
子供のときにそのやり方を無意識に学んでしまったこと。


この虫、実はさらにどん底にはまることがあるんです。
天敵がいます。アリジゴクです。

自分が不幸になって、相手を引きずり下ろそうとするのが、
アリジゴク

不幸な人を見ると、どうしても引き込まれてしまって、
尽くしてしまうのがつぐないアリさんです。

そう、アリとアリジゴクですから、
アリジゴクが不幸の穴(酒、浮気、ギャンブルなど)を掘ると、
そこにつぐないアリがはまるのです。
世話をしたり、尻ぬぐいをしたり。


あなたは、もしかするとこの、
つぐないアリに近いかもしれません。


つぐないアリになってしまう人は、
不幸な人を見たときに感じる気持ちを、
自分が小さい頃にも感じたことがないか思い出してみてください。

お父さんや、お母さんが出てくるかもしれません。

不幸そうな顔をしていますか?
それは、仕方なかったのです。
そのときはその時で、精一杯やってくれたのです。

でも優しいあなたは、何もしてあげられなかったと、
自分を責めていたのかもしれませんね。
子供だから、どうしようもなかったのに。

心の中の、不幸な人は、もう手放しませんか?

こうやって、その人とお別れします。

その人の後ろ姿をイメージします。
今から、その人は幸せの世界に歩いてゆきます。
地平線まで道が続いています。
そしてその向こうに見える空は、幸せの色をしています。

今からその人は、一歩ずつ歩いて小さくなっていきます。
あなたから遠ざかるたびに、幸せの世界に近づいていきます。

さようなら。
私は私の幸せの道を行きます。
あなたはあなたの幸せの道を行ってください。

その後ろ姿は次第に小さくなり、消えていきます。

いままで、辛かったけれど、いてくれて安心でした。
ありがとう。

私はもう、あなたなしで生きていけます。
ありがとう。



さようなら。


これまでのブログバトルはこちら↓

1●仁之助「他人(ひと)の目虫」 http://s-url.jp/?2235
2●あづま「ホコリ虫」 http://s-url.jp/?2237
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!」 http://s-url.jp/?2236
4●仁之助「おこり虫」 http://s-url.jp/?2239
5●あづま「弱虫」 http://s-url.jp/?2241
6●かめおか「ムシをムシしない生きかた」 http://s-url.jp/?2260
7●仁之助「虫はなんて鳴いている」 http://s-url.jp/?2261
8●あづま「リクツ虫」 http://s-url.jp/?2266
9●かめおか「虫のいどころ」http://s-url.jp/?2272
10●仁之助「夜の虫が集まる場所」 http://s-url.jp/?2273
11●あづま「アリジゴク」 http://s-url.jp/?2276
12●かめおか「虫の部分」 http://s-url.jp/?2302
13●仁之助「男たちのズルヤスミ」http://s-url.jp/?2303


日 程: 平成19年3月26日(月)平日!

時 間: 集合12時30分〜18時30分

参加費: 前納 10,000円  当日 12,000円

場 所: 都内某所(高田馬場付近)お申込み頂いた方に連絡

講 師: からだ担当 かめおかゆみこ
      http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/ 
   : 恋担当 恋愛専門セラビスト あづまやすし
      http://www.556health.com/
   : 心担当 心理療法家 心屋仁之助(こころやじんのすけ)
      http://www.kokoro-ya.jp/

定 員: 50名 
 
締 切: 3月20日(定員になり次第、締め切ります。このメンバーです、お早めに)

申込みはコチラね  http://www.kokoro-ya.jp/article/13163820.html 


次はかめおかゆみこさんです。よろしく頼んだぜぃ。
posted by あづま at 01:31| Comment(0) | TrackBack(5) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

アリジゴク@第11バトル

昨日の心屋'メタボリック嫌や'仁之助さんからのバトン。
これね→「夜の虫」http://s-url.jp/?2275

私が共感したのは、

>一番の理由は
> 「すきやから」
>それでええやん。

>自分の「好き」を大事にしてください。
>それが本当のあなたからのメッセージ。
>それを分かってあげたってな。

>暗い自分の中にある「灯り」に集まって
>楽しんでください。

>あ、間違って「人工の灯り」に近寄ると
>ジジジって、焼かれて落ちてまうよ。

>人工の灯りっていうのは「世間の価値観」

>「自分の中の灯り」を大切にするんやでー。

ここのところ。



では、今日はあづま'納豆ダイエット(爆)'やすしが
心屋さんから引き取って、

夜の虫の愛し方を教えます。
別に祇園に行く必要はありません。
あ、それは夜の蝶だっけ。

(コホン)

脱線しました。


「自分の中の灯り(心)を大切にしてはいけない」
と感じるあなたへ


恋愛相談を受けていると、
相手を束縛する人が結構いるんです。

相手の携帯電話を逐一チェック
相手の予定を逐一チェック
相手の交友関係をチェック
挙げ句の果てには、相手の行動を監視!禁止!


なぜそんなことをするのか、自分でも分からない。
自分でも束縛をやめたいのに、やめられない。


もしかすると、小さい頃から、
ありのままの自分では愛されないと思って育った。

だから、他人に気に入られるように頑張って頑張って、
ようやくちょっとだけ愛されてもいい・・・

そんな気持ちで生きているので、
他人の基準でしか生きられないのかもしれません。


自分の思いどおりに生きてはいけない・・・


だから、目の前の相手が自分より幸せに、自由に生きる
ことなんて許せない。悔しい!


無意識のうちに、相手を不幸に引きずり下ろすのです。


もうこうなると、夜の虫というより、



アリジゴクです○| ̄|_



もしかして、あなたも、
そんな気持ちを持っていませんか?


辛かったでしょう。あなたも。

でも、そんな中でも、あなたは今日まで一生懸命頑張って
生きてきましたね。とても立派なことです。

何が、あなたに生きる力を与えてくれたのでしょうか?


もしかすると、あなたが愛されていないと思っていた
お父さんやお母さんが本当は見守っていてくれたことに
気づくかもしれません。

おばあちゃんが愛してくれていたのかもしれません。

あるいは、先生や、友達や・・・

もしかするとタオルや毛布やぬいぐるみだったかも・・・

何でもいいんです。
何かに守られていたと感じる気持ちが少しでもあったなら、
その気持ちを思い出して下さい。


もしかするとその人はもう亡くなっているかもしれません。


でも、あなたの心の中には、守られていた頃の記憶がまだ
しっかりと眠っているはずです。



小さい頃のあなたを思い浮かべて下さい。
そして、あなたに生きる力を与えてくれた人やものが、
そばにいるとイメージします。

あなたの周りを、温かい色の光の繭が包んでゆきます。
すると、あなたの心も、温かく安心した気持ちになっていきます。

それは、あなたを守ってくれた【愛情】なのかもしれません。



あなたが、あなたを無条件に受け入れてくれた人との絆を
思い出すとき、あなたもまた、自分を無条件に受け入れることが
できるのです。


その温かい光を思い出すとき、
あなたは、自分が好きなことをして、幸せに生きて良いということを
思い出してゆくことができます。


そして、あなたが自分をありのままに受け入れたとき、

そのアリジゴクのような束縛ぐせも、
もう必要なくなったことに、気づきます。

そうです。

自分が自由になると、
相手も自由にしてあげられるのです。


今日は、自分が心の支えにしていた人やものとの絆を取り戻し、
自分が自分の心の求めにしたがって生きて良いという気持ちを
取り戻すことの大事さを書きました。

気になる方は、このワークショップにいらっしゃい。


〜これまでのバトン〜
1●仁之助「他人(ひと)の目虫」 http://s-url.jp/?2235
2●あづま「ホコリ虫」 http://s-url.jp/?2237
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!」 http://s-url.jp/?2236
4●仁之助「おこり虫」 http://s-url.jp/?2239
5●あづま「泣き虫」 http://s-url.jp/?2241
6●かめおか「ムシをムシしない生きかた」 http://s-url.jp/?2260
7●仁之助「虫はなんて鳴いている」 http://s-url.jp/?2261
8●あづま「リクツ虫」 http://s-url.jp/?2266
9●かめおか「虫のいどころ」http://s-url.jp/?2274
10●仁之助「夜の虫」http://s-url.jp/?2275



日 程: 平成19年3月26日(月)平日!

時 間: 集合12時30分〜18時30分

参加費: 前納 10,000円  当日 12,000円

場 所: 都内某所(高田馬場付近)お申込み頂いた方に連絡

講 師: からだ担当 かめおかゆみこ
      http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/ 
   : 恋担当 恋愛専門セラビスト あづまやすし
      http://www.556health.com/
   : 心担当 心理療法家 心屋仁之助(こころやじんのすけ)
      http://www.kokoro-ya.jp/

定 員: 50名 
 
締 切: 3月20日(定員になり次第、締め切ります。このメンバーです、お早めに)

申込みはコチラね  http://www.kokoro-ya.jp/article/13163820.html 


次はココヘルにも実はファンの多い、
かめおかゆみこさんです。よろすぃく〜。
posted by あづま at 08:16| Comment(4) | TrackBack(5) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

リクツ虫@第8バトル

心の中にいる虫たちを観察しながら回しているこのブログバトル。
いよいよ第8走者は、恋愛に関係した虫を観察します。

これまでのバトルはこちらです。

1●仁之助「他人(ひと)の目虫」 http://s-url.jp/?2235
2●あづま「ホコリ虫」 http://s-url.jp/?2237
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!」 http://s-url.jp/?2236
4●仁之助「おこり虫」 http://s-url.jp/?2239
5●あづま「弱虫」 http://s-url.jp/?2241
6●かめおか「ムシをムシしない生きかた」 http://s-url.jp/?2260
7●仁之助「虫はなんて鳴いている」 http://s-url.jp/?2261


さて、今日は、リクツ虫です。


何かっていうと、説明が理屈っぽいんです。

理由がないと安心できない。行動できない。


買い物に行くにも、
「あの服が古くなったから」
「○○のお店で今安売りをしているから」

早く寝るにも、眠いからとかじゃなくて、
「健康のため」
「明日早く起きなきゃいけないから」

恋人やパートナーに頼み事をするにも、
「あなたの方が背が高いから」
「私は今忙しいから」


なんだかいつも、理由が付かないとダメなんです。


・・・いや、ちゃんと理由を説明できるのはいいんです。



でもね。



「それで、どんな気持ちがした?」

こう聞かれても、

「本当はそこで○○すればいいのに、
 ○○してくれなかったから、
 『やってよ』って言ったのに、
 やってくれなくて喧嘩になって・・・」

(いや、気持ちを聞いたんだけど・・・)
って感じの受け答えをしてしまうあなた。

心の中に「リクツ虫」を飼っていませんか?


このリクツ虫。
相手の立場に立ってみるとよく分かるんですが、
ムカツク
んです。
まず間違いなく喧嘩の原因になります。


この、リクツ虫には厄介な性質があって、

あなたの心の周りに繭を張って、
あなたの本当の気持ちを鈍くさせてしまうのです。

だって、あなたが本当の気持ちを正直に出し始めたら、
リクツ虫の出番がなくなっちゃうじゃない。


だから、あなたが自分の本当の気持ちに気づかないように、
今日もせっせと「正しさの繭」を張って、

あなたがリクツ虫の思惑通りに動いてくれるように、
今日もせっせと頑張っているのです。


独り言だけど、
私も昔そうだったな〜
自分が嬉しいからそうする、ってよりも、
正しいからそうする、としか言えなかった。

言い換えると、自分が幸せになることが正しいことだって
心から思えなかったんだよね。

辛かったな。今思うと。

ちなみに、余計な解説をすると、
「リクツ虫の思惑」っては、小さい頃に親に言われたこと
だとか、先生に言われたこと、世間の常識のことなんだ。
いつの間にか、自分の心の中に取り込んじゃってるんだ。

独り言、おしまい。



さて、その退治方法ですが・・・


自分の感情を大切にして、
日頃から「自分は今どんな気持ちなんだろう」って
自問する癖をつけることです。


でも、長いこと自分の感情と触れ合ってないと、
感情っていっても、何が理屈で何が感情か分からなくなって
いる場合もあるので、大ヒントをあげます。

感情とは、

・怒っている!!
・さびしい!! あるいは、 がっかりした
・不安だ〜 あるいは、 怖い
・悲しい

それと、
・罪悪感 (自分が悪いことをしたような気がする)
・無力感 (自分には力がない)
・恥   (自分が人より下に見られて辛い)

以上です。おしまい。
これのどれに当てはまるか考えてみればいいんです。
他にもあるけど、とにかく大ざっぱにはこれのどれなのか、
考えてみればいいんです。

あ、ポジティブな感情も書いておきますね。

・嬉しい (主に何かいいことがあったときですね)
・楽しい (嬉しい、よりも穏やかな感じかな)
・安心  (不安があまりないことです)
・誇らしい(自分が誰かの役に立てたときなど)
あと、
・自己肯定感(自分はこの世に存在することを許されている)
という、とても大事な感覚もあります。
この感覚を持っている人は空気みたいで感じないんですが。


まあ、自分で感じ取れない方は、
こちらのワークショップでみっちり指導しますので。


◆「心とからだをほぐす、自分棚卸し」ワークショップ♪◆
 ***********************************************
 日程/2007年3月26日(月)平日!
 時程/集合12時30分〜18時30分
 講師/心屋仁之助(心理療法家)
    http://www.kokoro-ya.jp/
    あづまやすし(恋愛専門セラピスト)
    http://www.556health.com/
    かめおかゆみこ
    http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/
 参加費/前納10000円、当日12000円
 会場/都内某所(高田馬場付近)
    ※お申込みいただいた方に連絡します♪
 定員/50名
 申し込み締切/2007年3月20日
    ※定員になり次第、〆切日前でも受付終了します。
 申し込み/http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98461136 ************************************************
 詳細を知りたいかたは、こちら♪
 http://kamewaza3.seesaa.net/article/34543256.html


てなわけで、つぎはかめおかさん、よろしく〜
posted by あづま at 17:38| Comment(0) | TrackBack(6) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

弱虫@第5バトル

心屋仁之助さん、かめおかゆみこさんとのコラボで実現した、

〜 心と体をほぐす、自分棚卸しワークショップ 〜

それに向けた事前企画の虫退治ブログバトル。

◆これまでの記事◆
1●仁之助「他人(ひと)の目虫
2●あづま「ホコリ虫
3●かめおか「必殺虫退治仕掛け人、登場!
4●仁之助「おこり虫


今日のテーマは 弱虫。


・すぐ泣いてしまう。涙が出てきて困ることがある。
・基本的にビビリ。一歩が踏み出せない。
・他人に意見できない。いいなりになってしまい後で後悔。


私の中にもありました。弱虫。
上司など、目上の人に対してビビリな自分。

一時期は、お金持ちになる本を読んでなぜか泣けたことも。
(あ、それは「泣き虫」か?)


で、どうしたか?

自分の中の弱虫、私がどう退治したか、知りたくないですか?




・・・実は。



・・・退治していません○| ̄|_



というのは。
その虫、退治しちゃダメですよ。

自分の中の、弱い心。

その心は、怖がって、必死に頑張ろうとしています。
精一杯で、いっぱいいっぱいなんです。

それなのに、私はかつて、そんな自分を嫌ってました。

必死に頑張ろうとしていた自分の心を。
嫌ってました。



退治?
そうじゃないんです。


優しく抱きしめてあげてください。
その弱虫な心を、優しく抱きしめてあげるんです。

あなたが、その弱虫を受け入れてあげると、
その傷ついた心は、少しずつ癒されていきます。



その奥には、優しさがあったことに気づくかもしれません。
その奥には、幸せに感謝する気持ちがあるかもしれません。

素敵な心を見つけるためにも、

その、弱虫を退治しないでください。
やさしく抱きしめてあげてください。

「よく頑張ったね。辛かったね。」
「嫌っていてごめんね。」
「いつも一緒にいてくれて、ありがとう。」
そう言ってあげてください。

心が少しずつ、しっかりしてきますよ。


さあ、次のバトルは、かめおかゆみこさんです!
よろしく!
posted by あづま at 10:28| Comment(4) | TrackBack(8) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ホコリ虫〜帰ってきたブログバトン〜

心屋仁之助さん、かめおかゆみこさんとのコラボで実現した、

〜 心と体をほぐす、自分棚卸しワークショップ 〜

それに向けた事前企画として、
なんと、

虫退治

をすることになりました。

・・・虫退治?

そう、あなたの周りや心の中にいる「虫」と
その退治方法を教えます。

あ、でも、中には退治しなくていい虫もいるかもね♪


では、早速。

ホコリ虫。

いませんか?ホコリっていうかプライドの高い人。
なんか、自慢げだったり、他人を見下していたり。

で、時々オコリ虫になったりして。

こんな虫への対処法ですが。
この虫は要するに「認めてほしい」「評価してほしい」んです。

ほめることです。

いいところを見つけてほめます。
よく頑張ってるね、ってねぎらいます。


すると、おとなしく無害になりますから。



え?なんであんなヤツをほめなきゃいけないのって?

まあいいじゃない。減るもんじゃないし。

あれ?
もしかするとあなたの中にも「隠れホコリ虫」がいる?

じゃあ、その対策も教えますね。

自分をほめることです。

私たちは、他人をほめたりすることは大事だと教わって
きました。でも、自分をほめる習慣ってないのでは?


あなたのなかの「隠れホコリ虫」
ちゃんと認めてあげて、無害にしましょ。


〜 心と体をほぐす、自分棚卸しワークショップ 〜
気になったら、見てみてね。


では、次のバトンは、かめ虫、いや失礼m(_'_)m
かめおかゆみこさんです。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaishinjuku/diary/
posted by あづま at 07:24| Comment(1) | TrackBack(14) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

〜 心と体をほぐす、自分棚卸しワークショップ 〜

3/26 高田馬場付近にて、

心屋仁之助さん
http://www.kokoro-ya.jp/
かめおかゆみこさん
http://homepage3.nifty.com/kaishin-juku/index.htm

と共に、ワークショップをやることになりました。
このワークショップでは、
日頃がんばりすぎてつらくなってしまうあなたに、

いかにズルヤスミするか体験してもらおう
というワークショップです。

私の担当は、もちろん恋 愛 !

いつも我慢ばっかりの恋愛をしてしまうアナタ!
・言いたいことを言うと、喧嘩になってしまう。
・喧嘩にならないように、我慢して・・・爆発してしまう。
・相手の言いなりだけど、捨てられるのが怖くて我慢。
・相手がやってくれたことに、素直に感謝できない。
・自分が言う「ありがとう」に心がこもってない気がする。
・なんだか、自分は大切にされていないように感じる。
→もっとのびのび恋愛して、自由で幸せになりたい!

そんなアナタには、劇的な気づき、いや、

目覚め


を体験していただけると思います。

私も、ベテランのお二人に、どうからんでいけるのか、
心臓ばくばくものですが。
度胸とハッタリだけは一流の私ですから、
負けてられません。

申込ページは、心屋さんのページにあります。
posted by あづま at 10:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 自分棚卸しワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
恋愛相談・恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。