2008年05月06日

男の浮気は許さない、と言っていると別れを繰り返す

「男の浮気は許さない、と言っていると別れを繰り返す」

行列のできる法律相談所で、島田紳助が繰り返した言葉です。

島田紳助特有の、毒の入ったコメントだとは思いますが、
なかなかよい点をついています。

私は仕事柄、夫婦がずっと仲良くやっていくことを目指すのを理想としていますが、実は、男の浮気を我慢するよりも、夫婦がずっと仲良くいるように努力する方が難しいと思います。

難しいからこそ、努力のしがいがあるわけですし、達成したときの喜びも大きいのだと思います。

まず、同じ男女が何年も一緒にいたら、飽きます。
その時に、大切なことは、お互いに新しい自分を相手に見せるために努力して成長すること。

これは、簡単なことではありません。

この部分の努力を怠って、浮気の問題が発覚し、そこで相手を責めても、結局、慰謝料は取れるかもしれないけれど、ずっと仲良くいるという幸せは手に入らないわけです。

ずっと二人で仲良くいるというのは、難しいからこそ、努力のしがいがあるわけですし、達成したときの喜びも大きいのだと思います。



また、カップルには「自立側」「依存側」という役割ができることが多いのですが、島田紳助のコメントは「自立側」に立つ女性を戒める内容だったと理解しました。

自立側というのは、言いたいことを言っている側のことです。能力や魅力で相手より上に立っている側です。そもそも上下関係ができた時点で夫婦の溝があるのですが、ここではそれは置いておきます。

自立側は相手を責めることが多くなります。自分がルールになり、正しい側に立つことができます。

逆に言うと、相手は息苦しいわけです。
奥さんが怖くて、逃げるように浮気をしてしまったりします。

問題を表面化させるのは依存側ですが、問題のタネを作っているのは自立側なんですね。精神的に相手を追い詰めていることに気づかないと、いつまでも相手に逃げられる(浮気を含む)パターンになってしまいます。

浮気はほめられる行動ではありません。

でも、それをきっかけに、夫婦のあり方を見直すことが大切なことだと思います。


なお、こういう記事を書くと、「うちは浮気を堂々としている。それはどうなのか?」という方がいらっしゃると思いますので、それについても簡単にコメントしておきます。

その人と一緒にいることを選択しているのは、あなたです。

私のサイトの記事、モテる男の心理(心の問題/回避依存症)を参考にしてみて下さい。こういう人が変わるのは難しいと思います。でも、愛と忍耐力があれば、不可能ではありません。

私が当事者だったら、音を上げてしまうと思いますが、愛と忍耐力のある方は、浮気男を更生させることに挑戦してもよいと思います。


正しいことをするだけでは、男女関係はうまく行かないんですね。
自分も相手も幸せにするために、努力を怠らない。
この姿勢が大切なのだと思います。
月並みなまとめですいません。
posted by あづま at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は妻ですが浮気相手が二人居ます。
男友達から「浮気はする方が悪い」と頭ごなしに苦言ばかり言われてウンザリしてましたが、このブログを見てすっきりしました。
実際、冴えない夫にも原因があるんですよね。w
それと共に私の夜遊びと我が儘に我慢してくれる夫に初めて感謝したい気持ちになりました。
Posted by at 2011年01月08日 20:46
私は妻ですが浮気相手が二人居ます。
男友達から「浮気はする方が悪い」と頭ごなしに苦言ばかり言われてウンザリしてましたが、このブログを見てすっきりしました。
実際、冴えない夫にも原因があるんですよね。w
それと共に私の夜遊びと我が儘に我慢してくれる夫に初めて感謝したい気持ちになりました。
Posted by 名無し at 2011年01月08日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95855865

この記事へのトラックバック
恋愛相談・恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。