2008年04月19日

ラストフレンズ第二回 束縛について

ラストフレンズ第二回を見ました。

長澤まさみ演じる美知留の彼氏が、束縛の度合いを高めてきました。これをひどい男、最低男、などど切って捨てるのは簡単ですが、どうして束縛をしてしまうのか、その心理を分析してみたいと思います。
また逆に、束縛されている側が、どうしてその状態を受け入れてしまうのかについても考えてみたいと思います。

人は、相手の幸せを心から願えるとき、つまり心から相手を愛しているときが一番幸せだと、私は考えています。これは、多くの人が賛成するところではないでしょうか。

相手の幸せを心から願うわけですから、相手が自由にしたければ自由にさせることが愛情です。もしこの状態で相手が自分の元に留まってくれたなら、相手の自由意思でそうしているわけですから、自分が愛されていると確信することができます。

ところが、相手の自由を奪い、自分の思い通りに相手を行動させる「コントロール」をしてしまうと、結局いつも監視していないと相手がどこかに行ってしまう怖れが出てきます。そして、監視していても、相手は本心では逃げたいと思っているのではないかと感じるのです。

実際、コントロールしてしまったら、相手の自由意思を確認する方法がなくなってしまいますから。次第に、心までコントロールしたくなるのですが、残念ながら束縛する人は魅力的ではないですから、心は離れてしまうのです。

このように、ちょっと冷静に考えれば、無意味であると分かる束縛をしてしまうのはなぜかというと、「見捨てられ不安」ではないかと思います。自分に自信がなく、愛される価値がないと感じていると、相手を自由にさせていたら自分の元を去っていってしまうと感じます。

束縛をしてしまう人は、自分に自信がないのです。
本当は、その自信のなさを克服することにとり組む必要があるのですが、自分の心と向き合わずに、目の前の女性を支配する方に行くと、束縛になってしまうのです。

宗佑のシーンで一番怖かったのは、美知留が男性のお客さんの髪を切ったことに嫉妬して、「僕の髪も切ってくれる?」とヘアカットをお願いするフリをして、自分の耳をはさみで切ろうとしたところですね。

自分自身を傷つける人、周りから見ると一番怖いです。


但し、同情すべき点もあります。ここで言う「自信」というのは「自分の存在そのものに対する自信」であり、「自己肯定感」とも表現するものです。問題なく恋愛をしている人の多くは、親が子供時代に無条件の愛をくれたので自己肯定感を育てることができているのです。

自己肯定感が持てず、愛される自信がない。そんな育ち方をしてしまったことは、本人の努力ではどうにもならないことです。だから、束縛男だからといって、一方的に責めることはできないと思います。

でも、変化できるんです。そこに気づけば、自分を変える努力をするという方向に進めるんですが。簡単ではないかもしれないけれど、束縛男のままでは結局幸せではないでしょうから。


さて一方、束縛を甘んじて受けてしまう側の理由ですが、これは、幸せの上限(アッパーリミット)が低いことではないかと思います。意外に思うかもしれませんが、人は自分に許可している幸せの上限を超える出来事に出会うと、不安になってしまうものなのです。

これも、子供時代に経験した生活を基準に、どれくらい幸せになっていいかという幸せのアッパーリミットが設定されるのです。未知の幸せより慣れた不幸が好き、とも言えます。

また、自信がない(同じく自己肯定感が持てない)という理由も考えられます。酷いところもあるけれど、ほかに私のことを好きと言ってくれる人もいないだろうし、いいところもあるからこの人と一緒にいよう。

本当は、そんなに頑張らなくてもいいのにね。
こちらも、同情すべき点があり、でも、変化もできます。

自分は変化できる。
そう思うかどうかが、抜け出せるかどうかのポイントです。


以下のブログの記事も参考にさせていただきました。感謝!
長澤まさみ×上野樹里、木10「ラスト・フレンズ」
ラスト・フレンズ 第2話
長澤まさみ・上野樹里「ラストフレンズ第2話予告編」と上戸彩「ホカベン」
「ラスト・フレンズ」レビュー
ラスト・フレンズ (錦戸亮さん)
↑この似顔絵、すごく似てます!
ラスト・フレンズ〜第2話
《ラスト・フレンズ》#01
2008年春ドラマ【ラスト・フレンズ】
posted by あづま at 07:02| Comment(0) | TrackBack(4) | 恋愛の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ラスト・フレンズ 第2話
Excerpt:  瑠可、言ってしまいましたね・・・『私の美知留に触んな!』  気持ちは分からないでもないけど、あの状況で、それも宗佑に言ってしまったらかなりまずいんじゃないかと{/rabi_lose/}  それで..
Weblog: イニシャルNが好き♪
Tracked: 2008-04-19 09:14

2008年春ドラマ【ラスト・フレンズ】
Excerpt: 長澤まさみと上野樹里・・・・・若手を代表するどちらも主役を張れる女優さんとして何かと比較されることが多い二人が初共演するというので、初回をみてみました。二人を共演させるのだから恋愛もののラブラブドラマ..
Weblog: 毎日キラキラDay☆
Tracked: 2008-04-19 17:12

「ラスト・フレンズ」レビュー
Excerpt: ドラマ「ラスト・フレンズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:長澤まさみ、上野樹里、瑛太、水川あさみ、山崎樹範、西原亜希、蘭香レア、平野早香、倍賞美津子、長島弘宜、澁谷武尊、..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-04-20 05:23

《ラスト・フレンズ》#01
Excerpt: 冒頭から、辛口のドラマが始まった。 美知留は母親の男グセの悪さから、恋人宗佑の提案、同棲が、始まった。 新生活の必需品を買い揃えて、店を出るところを、高校時代の友人瑠可に見られ、自転車で、追いかけられ..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2008-04-21 06:53
恋愛相談・恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。