2006年02月15日

バレンタインデーの憂鬱

バレンタインデーとクリスマス。

相手がいないと、淋しい気持ちになる日の代表格でしょう。
逆にカップルにとっては大切なイベントの日になります。

淋しい気持ちを味わわなくて済む方法。
ちょっと考えてみました。

「私は一人でも幸せ」
「相手がいたら、もっと幸せ」
この路線で行きましょう。

大人は、一人でも楽しめるものなんです。
きれいな服を着て、お洒落なレストランで食事をしてみま
しょう。一人でもいいですし、同じように自立した感覚の
持ち主同士で一緒に行ってもいいですね。

大切なのは、自分を大切にする気持ち。
一番自分を愛するのは、たとえ相手がいても自分なんです。

これは、恋愛をしている人は忘れがちですが、とても大切
な考え方です。一人でいるからこそ自分を大切にする習慣
を大切にしましょう。

恋愛が始まったとき、その習慣は必ずふたりで幸せになる
ための原動力になります。
posted by あづま at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13305194

この記事へのトラックバック
恋愛相談・恋愛セラピーの「女と男の心のヘルス」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。